1. HOME
  2. 政策のための科学とは?
  3. 全体構造
  4. SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター

scirexcenter2.jpg

科学技術イノベーション政策研究センター

〒106-8677 東京都港区六本木7-22-1
TEL:03-6439-6318 FAX:03-6439-6260
政策研究大学院大学 科学技術イノベーション政策研究センター

SciREXセンター設立の趣旨

SciREXセンターは、SciREX事業による様々な成果を実際の政策形成の現場に活かしていく中核的な役割を担う機関として、2014年8月に設立されました。SciREXセンターでは、エビデンス・ベースド・ポリシーのための実践的な研究プロジェクトを実施するとともに、SciREX事業に関係する大学、機関のプロジェクトを取りまとめ、事業を通して得られたデータ、ノウハウなどの知見を集約し、発信していきます。また、「政策のための科学」の裾野を広げるため、人的ネットワークの構築にも力をいれています。

SciREXセンターのミッション

「政策形成」と「政策研究」の共進化

科学技術イノベーションが関係する諸課題の解決のために、「政策形成」と「政策研究」を橋渡しし、双方の共進化を促します。

エビデンスに基づく政策立案への貢献

効果的な科学技術イノベーション政策に資する方法論を開発するとともに、科学技術イノベーション政策に関わるエビデンスを集約します。

科学技術イノベーション政策に関する議論の場を提供

多角的な観点から政策課題を理解するために、政策立案者、研究者および関係者が協働する場を提供します。

SciREXセンターの活動内容

中核的拠点として

SciREX事業の中核的拠点として、各拠点大学、関係機関の実施するプロジェクトを取りまとめています。

研究活動

科学技術イノベーション政策の政策形成に資する方法論を開発、研究しています。また、政策形成に関わるエビデンスを集約しています。

SciREXセンタープロジェクト

広報・アウトリーチ活動

SciREX事業の成果を制作の現場へを橋渡しするため、多様なステークホルダーが議論できる場を提供し、様々なメディアを通じて成果を発信しています。

ネットワーキング

SciREX広報誌クオータリー

SciREXセンターの最新情報

2019年10月18日 研究・イノベーション学会 2019 年次学術大会シンポジウム
第 6 期科学技術基本計画へ向けた政策研究からの視座
~科学技術イノベーション政策の未来へ~
SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年10月18日 [DII Seminar] "Global Trends and Challenges of Social Impact Investment"「社会的インパクト投資の世界的トレンドと可能性」 SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年09月05日 [DII Seminar] "MODERN TOOLS FOR COMPLEX BUSINESS AND SOCIETAL CHALLENGES / OPPORTUNITIES"「社会課題解決を導くモダン・ツール」 SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年08月02日 [DII Seminar] "TICAD and the Trends in Digital Agriculture in Africa" SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年07月25日 INGSA 2018 Conference 開催レポート公開 SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年07月01日 7/11 Seminar on "Open innovation strategies in SMEs: the role of universities and KIBS" GiST-科学技術イノベーションプログラム(政策研究大学院大学), SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター

組織・メンバー

氏名役割概要
shiraishi.jpg
白石 隆
Takashi Shiraishi
センター長
政策研究大学院大学名誉教授/熊本県立大学 理事長
専門は、東アジア地域形成、東アジアの政治と国際関係。
アジア経済研究所所長、内閣府総合科学技術会議議員、政策研究大学院大学学長などを歴任。
角南
角南 篤
Atsushi Sunami
副センター長
政策研究院大学学長特別補佐
専門は、科学・産業技術政策論、公共政策論、科学技術と外交。
内閣府参与(科学技術・イノベーション政策担当)の他、文部科学省科学技術・学術審議会委員、外務省科学技術外交推進会議委員などを務める。
arimoto2.jpg
有本 建男
Tateo Arimoto
副センター長
政策研究大学院大学客員教授
専門は、科学技術政策、研究開発ファンディング・システム。
JST研究開発戦略センター(CRDS)上席フェローを兼任。
林
林 隆之
Takayuki Hayashi
センター長代理
政策研究大学院大学教授
専門は、科学技術政策、科学計量学、高等教育政策、評価。
SciREXセンターでは、大学・公的機関の研究活動や科学技術政策の評価システム・手法・指標に関する研究に従事。
吉川
吉川 弘之
Hiroyuki Yoshikawa
顧問
科学技術振興機構特別顧問
大山
大山 達雄
Tatsuo Oyama
顧問
政策研究大学院大学名誉教授
黒田
黒田 昌裕
Masahiro Kuroda
顧問
政策研究大学院大学客員教授/慶應義塾大学名誉教授
専門は、計量経済学、経済政策論。
慶應義塾大学名誉教授、JST研究開発戦略センター(CRDS)上席フェローを兼任、その他、内閣府経済社会総合研究所所長などを歴任。
森田
森田 朗
Akira Morita
顧問
政策研究大学院大学客員教授/津田塾大学総合政策学部教授
専門は、行政学、公共政策。
東京大学大学院法学政治学研究科教授、厚生労働省中央社会保険医療協議会会長、国立社会保障・人口問題研究所所長などを歴任。
隅藏
隅藏 康一
Koichi Sumikura
政策研究大学院大学教授 専門は、知的財産政策、科学技術イノベーション政策、ライフサイエンス政策。
SciREXセンターでは、医療分野の特性に合った基礎研究・応用研究・実用のイノベーションエコシステム構築に資する調査研究に従事。
飯塚
飯塚 倫子
Michiko Iizuka
政策研究大学院大学教授 専門は、途上国における科学技術イノベーション政策。
SciREXセンターでは、インクルーシブイノベーション、持続可能な発展目標(SDGs)を達成するための科学技術とイノベーション(STI)政策に関する研究に従事。
池内
池内 健太
Kenta Ikeuchi
特任フェロー
経済産業研究所研究員
専門は、研究開発・イノベーション・生産性の実証分析。
SciREXセンターでは、科学技術イノベーション政策による研究開発の成果を定量的かつ定性的に把握するためのデータプラットフォームの構築に従事。
森川
森川 想
So Morikawa
特任フェロー
東京大学工学系研究科社会基盤学専攻助教
専門は、行政学・政策学。
SciREXセンターでは、公共政策におけるデータや情報通信技術、学術研究の役割と、その利活用に向けた政策形成過程に関する研究に従事。
岡村 麻子
Asako Okamura
専門職 専門は、科学技術イノベーション政策。
SciREXセンターの企画運営と併せて、新興・融合科学領域「予見・分析」PJや科学と社会の指標化PJに従事。
鈴木 和泉
Izumi Suzuki
専門職 専門は、労働法。
SciREXセンターの企画運営と併せて、研究開発型ベンチャー支援政策、およびインクルーシブ・イノベーションに関する調査研究に従事。
菊地 乃依瑠
Noel Kikuchi
専門職 専門は、科学コミュニケーション。
SciREXセンターの企画運営と併せて、政策形成プロセスの改善手法の開発プロジェクトに従事。
佐々木 達郎
Tatsuo Sasaki
専門職 専門は、技術経営。
SciREXセンターでは、科学技術イノベーション政策による研究開発の成果を定量的かつ定性的に把握するためのデータプラットフォームの構築、およびスターサイエンティストの事例研究に従事。
安藤 二香
Nika Ando
専門職 専門は、研究開発プログラムのマネジメント。
SciREXセンターの企画運営と併せて、ステークホルダーとの対話・協働による研究開発の推進や、研究開発評価に関するプロジェクトに従事。
春山 紗樹
Saki Haruyama
専門職 経理・総務に従事。
川村 真理
Mari Kawamura
専門職 専門は高等教育政策。主に「研究力向上に向けた新たな測定指標の開発:各研究文化に適合した分野別指標と組織・ネットワークの機能指標」プロジェクトに従事。

重点課題に基づく研究プロジェクト

プロジェクト名プロジェクトリーダー
および主なメンバー
主な概要
経済社会的効果測定手法の開発
黒田昌裕
池内健太
Michael Huang
佐々木達郎
 科学技術イノベーション政策の社会的・経済的影響を定量的に評価するために、シミュレーション・モデルの開発を行う。政策効果を測定できるシナリオや経済モデルを作成し、科学技術白書、 科学技術基本計画などでの活用を目指す。2015年度より、公的研究費 の資金配分データ、特許、学術論文などのデータベースを接続し、イノベーション・プロセスを一気通貫で分析できるデータプラットフォームの構築に取り組んでいる。
政策のモニタリングと改善のための指標開発 有本建男
林隆之
岡村麻子
井上敦
中長期的な政策マネジメントシステムの改善に資する科学技術イノベーション政策の評価指標・手法を開発する。関連政策とその目 標について体系的にとらえ直し、エビデンスに基づいた指標のありかた、それらの基盤となるデータ収集・連結・分析体制の整備につ いて検討する。特に、これまで十分取り組まれてこなかった科学技術イノベーションと社会との関係について適切に把握する国際比較可 能な指標の開発に取り組む。
(サブプロジェクト)科学技術イノベーションと社会に関する測定 有本建男
岡村麻子
井上敦
大山達雄
科学と社会の適切な関係構築のための政策・制度の実現のため、科学技術イノベーション創出の基盤としての'科学技術イノベーション文化'や'科学技術イノベーションと社会の関係'をエビデンスに基づき理解する
イノベーションシステムを推進する公的研究機関の制度的課題の特定と改善 林隆之
安藤二香
科学技術イノベーションを推進する主体の一つである大学や公的研究機関のマネジメントの改善に資する「マネジメントスコアボード」の構築に向けた調査研究を行う。諸外国の大学の戦略計画の事例集積、国内大学の経営データの分析等を行い、大学・公的研究機関の経営を支援することを目指す。
国家的課題に対応した戦略的政策シナリオ及びその作成手法の開発 角南篤
飯塚倫子
鈴木和泉
高橋恒平
国内外の政策動向を踏まえつつ、国家的課題として潜在的政策ニーズが存在し、府省の壁を越えた連携・取組が求められるような 問題について、我が国として取り組むべき具体的課題を明らかにし、政策シナリオやオプションとしてとりまとめる。
政策形成のフレーミング、ステークホルダー分析、プロセスの構築を通じた政策形成プロセスの改善手法の開発
森田朗
森川想
菊地乃依瑠
科学技術イノベーション政策の意思決定過程に存在する障害を特定し、それを乗り越えるための方策を検討する。特に、医療ICTの利活用に関わる政策の事例分析や、様々なステークホルダーとの「対話」の検討を行い、エビデンスに基づく政策プロセスの構築を試 みる。

研究成果・資料

2019年10月10日 イノベーションを社会実装するための国際ルール戦略: メディカル・ヘルスケアロボット「HAL」の事例研究から GiST-科学技術イノベーションプログラム(政策研究大学院大学), SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年10月04日 Regulation and innovation under Industry 4.0: Case of medical/healthcare robot, HAL by Cyberdyne GiST-科学技術イノベーションプログラム(政策研究大学院大学), SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年10月04日 The Potential for innovation in mining value chains. Evidence from Latin America GiST-科学技術イノベーションプログラム(政策研究大学院大学), SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年03月28日 「政策のための科学」とは何か? #2 : 国際比較研究から運営費交付金の論点を考える - 政策研究大学院大学・林隆之教授 SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2019年03月20日 「政策のための科学」とは何か? #1:白石SciREXセンター長へのインタビュー SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター
2018年10月01日 【SciREX-WP】博士号取得前の状況が取得後の論文生産性に与える影響 SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ