1. HOME
  2. 活動内容
  3. 研究・プロジェクト

重点課題に基づく研究プロジェクト

SciREXセンタープロジェクト

経済社会的効果測定指標の開発

科学技術イノベーション政策が解決すべき課題に対する有効かつ実行可能な政策オプションを作成し、その社会・経済的インパクトを定量的に評価する。

イノベーションシステムを推進する 公的研究機関の制度的課題の特定と改善

科学技術イノベーションを推進する主体の一つである大学や公的研究機関のマネジメントの改善に資する「マネジメントスコアボード」の構築に向けた調査研究を行う。

国家的課題に対応した戦略的政策シナリオ及びその作成手法の開発

国内外の政策動向を踏まえつつ、国家的課題として潜在的政策ニーズが存在し、府省の壁を越えた連携・取組が求められるような 問題について、我が国として取り組むべき具体的課題を明らかにし、政策シナリオやオプションとしてとりまとめる。

政策形成プロセスの改善手法の開発

政策形成プロセスの円滑な進行に資するエビデンスや合意形成の環境とはどのようなものなのかについて明らかにすることを試みる

政策のモニタリングと改善のための指標開発

中長期的な政策マネジメントシステムの改善に資する科学技術イノベーション政策の評価指標・手法を開発する。

科学技術イノベーションと社会に関する測定(サブプロジェクト)

科学と社会の適切な関係構築のための政策・制度の実現のため、科学技術イノベーション創出の基盤としての'科学技術イノベーション文化'や'科学技術イノベーションと社会の関係'をエビデンスに基づき理解する

拠点間連携プロジェクト

イノベーション創出に向けた産学官連携:知識マネジメントと制度設計

イノベーション創出に向けて、大学が産業、公的機関等と共に新たな知識を創出し、社会において効果的に活用するためには、どのような組織や制度が必要となるのか。産学官連携におけるリスクマネジメントとオープンサイエンスの観点から考察し、現状の課題と将来の可能性を検討する。

地域イノベーションに資する事例研究と政策支援システムの開発

地域における科学技術イノベーション政策の立案・実行に資するため、地域イノベーションの事例情報を体系的に収集・分析する。 また、それらの事例情報を、九州大学が開発した地域科学技術政策支援システム(RESIDENS)に蓄積し、地方自治体関係者等を対象とした研修プログラムの中で活用する。

自治体の持つ学校健診情報の可視化とその利用に向けての基盤構築

学校健診情報など自治体がもつ行政健康資料から、研究へ活用できるようにデータベースを構築する。可視化した情報を解析研究をすることで、政策、学術や産業での利活用の可能性を探る。

新しい科学技術の社会的課題検討のための政策立案支援システムの構築

超スマート社会などの新しい科学技術が社会に展開するときには、研究開発の早い段階から検討されるべき社会的課題が存在している。これらの課題の特定と課題対応の方法論を整理し、政策立案を支援するシステムの開発を行う。

RISTEXプロジェクト

子どもの貧困対策のための自治体調査オープンデータ化手法の研究

近年多くの自治体が実施している子どもの生活実態調査を用いて、各自治体における子どもの貧困対策への政策提言を行う。その過程において、自治体がオープンデータ化へ対応する際の行政上の課題の解決法を探し、一つのオープンデータ化のモデルを構築する。

病床の減床と都市空間の再編による健康イノベーション

人口減少下での病院のダウンサイジング・マネジメントの方法論を効率化し、各自治体の成功事例や失敗事例を踏まえ、具体的で現実的な手段を検討する。加えて、既存の医療機関の持つ空間や情報を他業種の事業展開と有機的に結合し、他業種からの投資機会拡大につなげる方策を検討する。

医学・医療のためのICTを用いたエビデンス創出コモンズの形成と政策への応用

医療・医学研究政策に患者の視点を取り込むための仕組みづくりとエビデンスの創出を行う。ICTを介し、患者・医学研究者・政策担当者などのステークホルダーが政策形成に有用な指摘や提案を継続的に議論・検討する場、すなわち「エビデンス創出コモンズ」を構築する。

家族を支援し少子化に対応する社会システム構築のための行動科学的根拠に基づく政策提言

少子化対策に失敗してきた原因として、政策形成プロセスにおいて子育てと子どもの発達に関する生物科学的知見が必ずしも十分に参照されておらず、実際の政策が行動科学的な根拠を欠いたまま実施されている点に着目。子育て困難事例の実態調査と、公私連携による各種子育て支援の試験的実装により、現代日本における子育て困難の要因と適切な支援の在り方を具体的に探究する。

レジリエンス強化のための省エネルギー機器導入制度設計

都内災害拠点病院を対象に、災害発生確率などのオープンデータを活用し「経済性と環境性の両立」、「レジリエンス強化」といった複数の目的を達成することのできる、省エネ機器導入計画サポートツールを構築する。また、これらのツールを活用した、きめ細やかなエネルギー機器導入補助金制度設計を目指す。

先端医療のレギュレーションのためのメタシステムアプローチ

先端医療の規制整備のための技術予測システムのプロトタイプ開発、医療評価技術のガイドライン整備のためのガイドラインの事例分析と日本版ガイドライン・オブ・ガイドラインの提案、心臓シミュレーション技術における「相互作用」を促進する仕組みの整備の3点からアプローチし、先端医療の規制整備のためシステム・オブ・システムズ実現を目指す。

スター・サイエンティストと日本のイノベーション

米国では、卓越した研究業績を持ちながら、同時に高い業績を生み出すベンチャー企業を設立するスター・サイエンティストの存在が知られている。本プロジェクトでは、このスター・サイエンティストのフレームワークを用いながら、日本におけるスター・サイエンティストの同定手法を開発し、その誕生要因を分析するほか、スター・サイエンティストに関するデータベースを構築する。それにより、産業化可能性を見据えた研究費の配分に資するエビデンスの創出を目指す。

多様なイノベーションを支える女子生徒数物系進学要因分析

心理学の手法で、数物系研究者、女子生徒や保護者、学習塾等に対する調査を実施し、女子生徒の進路選択に関する社会的要因を分析することにより、数物系進学を阻害する要因の解明を目指す。また、教育政策や人材育成政策の担当者と連携をはかることにより、イノベーションの基盤となる多様な人材の確保に向けた政策提言を行う。

政策過程におけるエビデンス記述・解釈に関する調査研究

科学技術イノベーションを推進するためには、エビデンスに基づいた政策立案が不可欠であるが、エビデンスを「活用する」ための科学や仕組みはこれまで十分に整備されてこなかった。本PJでは、政策過程でどのようなエビデンスが収集,作成,活用,継承されているかを分析し、意思決定とエビデンスに関する理論研究を行うことで、エビデンスの活用により政策効果を高めるための枠組みの構築を目指す。

先端生命科学を促進する先駆的ELSIアプローチ

先端生命科学における技術革新に対する期待が高まる一方で、用途の両義性や倫理的・法的・社会的影響(ELSI)が問われるとともに、それらがイノベーションに向けた研究開発の推進を阻害してしまう可能性が指摘されている。本PJでは、「プロアクショナリー」という概念を手がかりに、日本社会の実情に見合った生命倫理原則の提唱とオープンイノベーションに向けた倫理観、政策形成の共創モデルの提案を目指す。

コストの観点からみた再生医療普及のための学際的リサーチ

再生医療研究の振興が重点化される中、その実用化と普及にあたってはコストの高さが障壁となりうる。本PJでは、既に実用化されつつある再生医療製品・技術に対する事例研究とステークホルダーを対象とした調査等を通じ、実用化に関するデータやコスト情報の集積をはかるとともに費用対効果分析を行うことで、医療保険財政の現状を踏まえた持続可能な研究開発振興と医療提供に向けた情報基盤と評価モデルの構築を目指す。

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ