1. HOME
  2. 活動内容
  3. 行政官研修

行政官研修

SciREXでは科学技術イノベーション政策の立案・実施に携わる方を対象に研修プログラムを提供しています。これまでSciREX 事業で培ってきた知見やネットワークを活用し、客観的エビデンスに基づいた政策推進への寄与や、行政実務現場で実践的な活用が出来る内容です。

平成29年度実績

文部科学省で科学技術イノベーション政策に携わる若手行政官を対象とした研修を行いました。

【フェーズⅠ】

フェーズⅠではSciREX 事業関連研究者と文部科学省の職員による講義を実施しました。

■第1講『科学技術イノベーション政策の科学とは何か―歴史的視座を得る―』

講師: 政策研究大学院大学客員教授/慶應義塾大学名誉教授 黒田昌裕
コメンテータ: 有本建男 政策研究大学院大学教授

■第2講『ケースから学ぶイノベーション―政策は何を目指すべきか―』

講師: 一橋大学イノベーション研究センター教授 江藤学

■第3講『科学技術イノベーション政策の方向性を考える』

講師:徳島大学副学長/SciREXセンター政策リエゾン 斉藤卓也

■第4講『科学技術イノベーションのガバナンスと社会との関係』

講師:東京大学公共政策大学院特任講師 松尾真紀子
   大阪大学データビリティフロンティア機構教授 岸本充生
   大阪大学COデザインセンター教授 平川秀幸

■第5講『科学技術イノベーション政策の事例』

講師:科学技術・学術政策局科学技術・学術戦略官(国際担当)/SciREXセンター政策リエゾン 上田光幸

■第6講『政策・施策の作り方―START事業・EDGE事業の実例を通じて―』

講師:科学技術・学術政策局企画評価課企画官 中澤恵太

■第7講(16:30-18:30)『科学技術イノベーション政策の統計指標:SPIASを活用した実証分析入門』

講師:政策研究大学院大学SciREXセンター専門職 原泰史
   科学技術・学術政策研究所科学技術予測センター研究員 小柴等

【フェーズⅡ】

フェーズⅡではフェーズⅠに参加した行政官に若手の政策科学研究者や自然科学系研究者、URA等(文部科学省のセンターオブイノベーション(COI)事業の参画者)を加えたメンバーで実施しました。複数のチームを構成し、ワークショップ形式で具体的な政策の検討を実施し、最終的に政策提言を行いました。

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ