1. HOME
  2. 政策のための科学とは?
  3. 全体構造
  4. STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)

gist

大阪大学・京都大学-公共圏における科学技術・教育研究拠点

基盤的研究・人材育成拠点

WEBサイト(外部リンク)

〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-16 大阪大学豊中キャンパス 全学教育推進機構
     全学教育総合棟Ⅰ 大阪大学COデザインセンター内
TEL:06-6850-6111
公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)

「公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)」は、大阪大学および京都大学の連携による人材育成プログラムです。科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の一環として、2012年1月に発足しました。

ミッション

STiPSでは、科学技術の倫理的・法的・社会的問題(ELSI)に関する研究と教育を行い、政策形成に寄与できる「政策のための科学」の人材育成を進めてまいります。

STiPSでは、科学技術や公共政策に対する社会の期待と懸念を把握するために、研究者コミュニティや産業界、政策立案者のみならず、一般の市民も含めた多様な人々や組織が、直接・間接に議論し、熟慮を深め、自ら期待と懸念を顕在化し共有していく参加・関与・熟議のプロセスが必要と考えています。

こうした「科学技術への公共的関与(public engagement)」に関する活動と教育を行うことにより、自分の専門分野の枠組みを超えて、多角的に科学技術と社会の諸問題を理解し、学問と政策・社会の間を"つなぐ"ことを通じて政策形成に寄与できる人材の育成を目指してまいります。

STiPSでは、政策形成における公共的関与の活動と分析をより効果的にするために、大阪大学と京都大学の連携により、幅広く科学技術の研究現場の動向を踏まえつつ、科学技術の倫理的・法的・社会的問題(ELSI)に関する研究を行います。またELSIに関する研究を基盤として、テクノロジーアセスメントなどの公共的関与の活動と分析を行うことにより、公共的関与に関する理論的かつ実践的な能力を備えた人材育成を進めてまいります。

STiPSでは、大学の知と社会の知をつなぐ「社学連携」の実践と、そこに学生が主体的に関与することも含めた教育を実施します。大阪大学・京都大学は、関西圏の経済界や地域行政との関わりも密接であり、科学技術を通じた連携・交流が極めて盛んです。これに加えて、一般市民やNGO/NPOなど市民社会の公共的関与活動への参画を促進することにより、地域社会のニーズや事情、課題をより的確に反映した科学技術イノベーション政策や研究開発の立案・企画に貢献してまいります。

最新情報

2019年03月30日 STiPS Handai研究会 科学技術と社会のつなぎ方 -宇宙政策の未来について考える- STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2019年02月22日 【STiPS 共催】第11回学術政策セミナー −研究力を引き出すために− STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2019年02月22日 【STiPS 共催】第10回学術政策セミナー −研究力を引き出すために− STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2018年12月27日 STiPS Handai研究会 シリーズBetween Documentaries and Science#2 "Seeing is Believing: Successful collaborations between Scientists and Film-makers" STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2018年12月27日 STiPS Handai研究会 シリーズBetween Documentaries and Science #1 "Documentary as Research: Communication for Change and Impact" STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2018年12月22日 STiPS Handai研究会 シリーズ科学技術×公共政策 #2 日本の科学技術イノベーション政策 STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)

組織・メンバー(2019年4月現在)

大阪大学

氏名役割概要
小林 傳司
Tadashi Kobayashi
大阪大学理事・副学長 科学哲学、科学技術社会論
山中 浩司
Koji Yamanamka
大阪大学大学院人間科学研究科教授 科学社会学、医療社会史、医療社会学、技術社会学
加藤 和人
Kazuto Kato
大阪大学大学院医学系研究科教授 生命倫理、医学倫理、科学コミュニケーション論
瀬戸山 晃一
Koichi Setoyama
大阪大学大学院法学研究科・高等司法研究科客員教授 法と医療・生命倫理、法理学、法哲学、行動心理学的「法と経済学」
平川 秀幸
Hideyuki Hirakawa
大阪大学COデザインセンター教授

科学技術社会論

岸本 充生
Atsuo Kishimoto
大阪大学データビリティフロンティア機構教授 リスク評価、社会経済分析
神里 達博
Tatsuhiro Kamisato
千葉大学国際教養学部教授 科学史、科学技術社会論
八木 絵香
Ekou Yagi
大阪大学COデザインセンター准教授 科学技術社会論、ヒューマンファクター研究
中村 征樹
Masaki Nakamura
大阪大学全学教育推進機構准教授 研究倫理、科学技術社会論、科学技術史、科学コミュニケーション
渡邉 浩崇
Hirotaka Watanabe
大阪大学COデザインセンター特任准教授 国際政治学、外交史、宇宙政策、宇宙法
辻田 俊哉
Toshiya Tsujita
大阪大学COデザインセンター講師 国際政治学、国際安全保障論
工藤 充
Mitsuru Kudo
大阪大学COデザインセンター特任助教 科学技術社会論、科学コミュニケーション論
水町 衣里
Eri Mizumachi
大阪大学COデザインセンター特任助教 科学コミュニケーション論、科学教育
小林 万里絵
Marie Kobayashi
大阪大学COデザインセンター特任研究員(非常勤)  
鍛治 一郎
Ichiro Kaji
大阪大学COデザインセンター特任研究員(非常勤) 国際政治学、外交史

京都大学

氏名役割概要
川上 浩司
Koji Kamikawa
京都大学大学院医学研究科教授 薬剤疫学、医療技術評価、レギュラトリーサイエンス
小山田 耕二
Koji Oyamada
京都大学学術情報メディアセンター教授 可視化
依田 高典
Takanori Ida
京都大学大学院経済学研究科教授 応用経済学
カール・ベッカー
Carl B Becker
京都大学学際融合教育研究推進センター特任教授 倫理学、ターミナルケア、死生学
末松 千尋
Chihiro Sanematsu
京都大学経営管理大学院教授

IT、事業創成

富田 直秀
Naohide Tomita
京都大学大学院工学研究科教授 医療工学、 QOLデザイン
中山 健夫
Takeo Nakayama
京都大学大学院医学研究科教授 健康情報学、疫学、ヘルスコミュニケーション
二木 史朗
Shirou Futaki
京都大学化学研究所教授 薬学・生体機能化学
佐野 亘
Wataru Sano
京都大学大学院人間・環境学研究科教授 政治理論、公共政策
宮川 恒
Hisashi Miyagawa
京都大学大学院農学研究科教授 農薬化学、天然物化学
吉田 恭
Yasushi Yoshida
京都大学経営管理大学院特定教授 都市計画、まちづくり
伊勢田 哲治
Tetsuji Iseda
京都大学大学院文学研究科教授 科学哲学、倫理学
大手 信人
Nobuhito Ohte
京都大学大学院情報学研究科教授 生態系生態学、森林水文学
廣井 良典
Yoshinori Hiroi
京都大学こころの未来研究センター教授 公共政策、医療・社会保障、持続可能な福祉社会
宮野 公樹
Naoki Miyano
京都大学学際融合教育研究推進センター准教授 大学論、学問論、政策哲学
田渕 敬一
Keiichi Tabuchi
京都大学iPS細胞研究所准教授 科学技術・イノベーション政策
関根 仁博
Yoshihiro Sekine
京都大学経済研究所特定准教授 科学技術・イノベーション政策
市川 正敏
Masatoshi Ichikawa
京都大学大学院理学研究科講師 生命現象の物理、ソフトマター物理
井出 和希
Kazuki Ide
京都大学学際融合教育研究推進センター学融合フェロー 薬学、疫学、社会医学
祐野 恵
Megumi Yuuno
京都大学学際融合教育研究推進センター特定助教 公共政策、地方自治、地方議会

受講者

STiPSでは、科学技術や公共政策に対する社会の期待と懸念を把握するために、研究者コミュニティや産業界、政策立案者のみならず、一般の市民も含めた多様な人々や組織が、直接・間接に議論し、熟慮を深め、自ら期待と懸念を顕在化し共有していく参加・関与・熟議のプロセスが必要と考えています。

こうした「科学技術への公共的関与(public engagement)」に関する活動と教育を行うことにより、自分の専門分野の枠組みを超えて、多角的に科学技術と社会の諸問題を理解し、学問と政策・社会の間を"つなぐ"ことを通じて政策形成に寄与できる人材の育成を目指してまいります。

シラバス

各大学で提供している科目の詳細はこちらをご覧ください。
 

募集要項

各大学で提供しているプログラムの概要はこちらをご覧ください。
 

重点課題に基づく研究プロジェクト

プロジェクト名プロジェクトリーダー
および主なメンバー
主な概要
新しい科学技術の社会的課題検討のための政策立案支援システムの構築 平川秀幸 超スマート社会などの新しい科学技術が社会に展開するときには、研究開発の早い段階から検討されるべき社会的課題が存在している。これらの課題の特定と課題対応の方法論を整理し、政策立案を支援するシステムの開発を行う。
自治体の持つ学校健診情報の可視化とその利用に向けての基盤構築 川上浩司 学校健診情報など自治体がもつ行政健康資料から、研究へ活用できるようにデータベースを構築する。可視化した情報を解析研究をすることで、政策、学術や産業での利活用の可能性を探る。

研究成果・資料

2018年10月10日 2017〜2018年度 政策立案ワークショップ(宇宙)の記録(2018/9発行) STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2015年09月25日 STiPS活動報告 2014 STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2014年10月10日 STiPS活動報告 2013 STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)
2014年09月30日 Lesson Learning 2012年夏のエネルギー・環境の選択肢に関する国民的議論とは何だったのか これからの「政策形成のあり方」を考える 実施報告書 STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ