1. HOME
  2. 活動内容

イベント

イベント

2019年11月06日-

【開催日:2020年1月15日(水)】 第2回政策のための科学オープンフォーラム
~科学による政策課題解決への挑戦:たゆまぬ共創・協働~

SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター, 文部科学省

概要

 社会における様々な問題、諸問題を解決に導くためには、政策形成に貢献しうる研究成果の創出や、その成果を政策形成プロセスにビルトインするなど、研究者と行政官の連携・共創が重要です。このフォーラムでは、共創・協働に関わってきた有識者の知見や教訓を供覧し、また政策や研究の最前線に立つ参加者同士が経験を共有できる場を提供します。幅広いセクターからの積極的なご参加をお待ちしています。
 フォーラムの内容、プログラムにつきましては、詳細PDFをご覧ください。
ポスター発表募集要項
プログラム


【プログラム】
https://www.murc.jp/seminar/t_200115/
※ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング(外部Webサイト)へリンクしています。


●13:00 挨拶 菱山 豊(文部科学省科学技術・学術政策局長)
●13:05 趣旨説明 山下 恭範(文部科学省政策科学推進室(SciREX)参与)


●13:15〜13:45
基調講演① 「政策形成と政策コミュニティ」
白石 隆 氏(政策研究大学院大学SciREXセンター長 兼 熊本県立大学理事長
profShiraishi



●13:45〜14:15
基調講演② 「AIを活用した社会構想と政策提言」
広井 良典 氏(京都大学こころの未来研究センター教授) 
profHiroi



●14:15〜14:50  ポスター発表者による説明(ポスター展示13:00〜18:00)



●14:50〜16:05
セッション①
「事例から紐解く、個票データを含めた行政データを利活用する際の教訓と展望」
 モデレーター 小林 信一氏(広島大学高等教育研究開発センター特任教授)

セッション②
「『ポスト真実』 時代3年目の科学技術」
 モデレーター 平川 秀幸氏(大阪大学COデザインセンター教授)



●16:10〜17:25
セッション③
「地球規模課題と地域イノベーション」
 モデレーター 狩野 光伸氏(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科教授)

セッション④
「行政官と研究者が直面する葛藤をどう乗り越えるか」
 モデレーター 小林 直人氏
      (早稲田大学リサーチイノベーションセンター研究戦略部門副研究部門長)



●17:30〜18:00
セッション⑤ 「政策研究と政策形成の『共創・協働』を如何に進めるか」



●18:00〜          交流会

基調講演

白石 隆 氏(政策研究大学院大学SciREXセンター長 兼 熊本県立大学理事長)
広井 良典 氏(京都大学こころの未来研究センター教授)

日時

2020年1月15日(水)13:00~18:00

場所

政策研究大学院大学(東京都港区六本木7-22-1)想海楼ホールほか

主催

文部科学省
※なお、文部科学省の委託により三菱UFJリサーチ&コンサルティングが運営します

共催

政策研究大学院大学科学技術イノベーション政策研究センター
(SciREXセンター)

参加申し込み、お問合せ

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
「政策のための科学オープンフォーラム」事業事務局
担当:三浦・家子(いえこ)
E-mail:scirex2019@murc.jp
https://www.murc.jp/seminar/t_200115/

参加費

無料

アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ