1. HOME
  2. 活動内容

トピックス

トピックス

2020年02月06日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報 (1月30日~2月5日)

CRDS-研究開発戦略センター

「政策の科学」関連 海外情報  期間:1月30日~2月5日
海外の「政策のための科学」関連のウェブサイト等から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を以下のとおりまとめました。(文責:CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニット)

~カナダ:EUとの研究開発協力推進のために5,000万カナダドルの特別基金を用意~Canada launches C$50M fund for R&D collaboration with EU
カナダ政府は、国際的な研究開発を推進する広範なキャンペーンの一環として、欧州連合(EU)のHorizonプログラムにカナダの研究者を参加させるための特別基金(5年間で5,000万カナダドル)を発表した。1月30日にEUのHorizon 2020プログラムでの研究を希望する自国民のための資金として、最初の1,000万カナダドルの申請を開始した。このイニシアチブは、政府が2018年に開始した研究基金の「New Frontiers in Research Fund」の一部であり、研究開発における国際協力を推進する幅広い戦略の一環である。
https://sciencebusiness.net/international-news/canada-launches-c50m-fund-rd-collaboration-eu
(Science|Business記事) 元記事公開日:2020/2/2

~EU:新型コロナウイルスの大流行に関する研究に1,000万ユーロを投資~EU announces €10M funding for research on coronavirus outbreak
欧州委員会(EC)は、中国の武漢市で発生した致命的な新型コロナウイルスの拡散を阻止する研究に1,000万ユーロを投資すると発表した。新型コロナウイルス流行に対する理解を深めるための研究に関する「関心表明」公募が開始される。2から4の研究プロジェクトを支援するもので、申請者は2月12日までに申請し、助成金契約も非常に迅速に署名される。欧州連合(EU)が資金提供するこれらの研究は、ウイルスに感染した患者のより効率的な臨床管理および公衆衛生の準備や対応に貢献すると期待されている。
https://sciencebusiness.net/news/eu-announces-eu10m-funding-research-coronavirus-outbreak 
(Science|Business記事) 元記事公開日:2020/2/2

~英国:政府がコロナウイルス等の感染症ワクチンの開発に2,000万ポンドを投資~£20m announced to fund vaccines for coronavirus and other infectious diseases
英国政府は、中国のコロナウイルスの発生に対する懸念が高まる中で、世界で最も致命的な病気と闘うための新しいワクチンの開発に2,000万ポンドを投資すると発表した。これらの資金は、「感染症流行対策イノベーション連合」(CEPI)(人類の健康を脅かす感染症に対する予防ワクチンの開発支援を目的とした革新的な国際的研究開発支援機関)に提供され、新型コロナウイルスのワクチン開発のための3つの新プログラムを含む、新しい感染症に対するワクチン開発支援のために投資される。
https://www.gov.uk/government/news/20m-announced-to-fund-vaccines-for-coronavirus-and-other-infectious-diseases
(GOV.UK記事) 元記事公開日:2020/2/3

~英国:政府が2035年までにハイブリッド車を含むガソリン・ディーゼル車の販売終了を計画~PM launches UN Climate Summit in the UK
英国ジョンソン首相は、ロンドンで開催の国連気候変動会議COP26において、気候変動対応における世界的リーダーとしての英国の立場を明らかにするとともに、全ての国々が温室効果ガスの正味ゼロ排出(net zero emissions)に向けて取り組むよう呼び掛けた。英国政府は、今回初めてハイブリッド車を含む、ガソリン車およびディーゼル車等の新規販売を2035年までに終了させる計画を明らかにした。政府はゼロエミッション車の市場導入や展開を加速するために全ての産業セクターと協力して行く。
https://www.gov.uk/government/news/pm-launches-un-climate-summit-in-the-uk
 
(GOV.UK記事) 元記事公開日:2020/2/4

~米国:EPAが50周年を迎え、これまでの水の保護の取り組みを振り返る~EPA at 50: EPA Celebrates Progress in Protecting America's Waters
米国環境保護庁(EPA)は設立50周年記念の一環として、米国の水の保護に関するこれまでのEPAの取り組みを振り返る。EPAは1970年に設立以来、州、地域、部族、および水部門のパートナーと協力して、米国の飲料水や廃水のインフラに多大な投資を行ってきた。たとえば、1988年来の浄水州回転基金(CWSRF)への450億ドルの投資や、1997年以降の飲料水州回転基金(DWSRF)への210億ドルの投資、最近では、水インフラ財政革新法(WIFIA)など新しいプログラムを通じてインフラ投資を続けている。
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-50-epa-celebrates-progress-protecting-americas-waters
(EPA記事) 元記事公開日:2020/2/3

~米国:DOE、DHS、およびDODによる重要エネルギー・インフラ防衛のためのイニシアチブ~U.S. Department of Energy, U.S. Department of Homeland Security, and U.S. Department of Defense Announce Pathfinder Initiative to Protect U.S. Energy Critical Infrastructure
エネルギー省(DOE)、国土安全保障省(DHS)、および国防総省(DOD)は、Energy Sector Pathfinderイニシアチブに関する覚書(MOU)を締結した。このイニシアチブは、省庁における情報共有を促進し、トレーニングと教育を向上させてシステムのリスクを把握して、サイバーセキュリティの脅威に対し共同で準備・対応することを目標としている。米国の重要なエネルギー・インフラが直面している課題を調査し、絶えず進化するサイバー脅威からの防衛と対処に関する省庁間の連携を強化する。
https://www.energy.gov/articles/us-department-energy-us-department-homeland-security-and-us-department-defense-announce
(DOE記事) 元記事公開日:2020/2/3

~米国:DOEとACCが革新的なプラスチックリサイクル技術で協力するための覚書に署名~U.S. Energy Department and American Chemistry Council Sign Memorandum of Understanding to Collaborate on Innovative Plastics Recycling Technologies
米国エネルギー省(DOE)と米国化学工業協会(ACC)は、エネルギー効率の高いプラスチックリサイクルにおけるイノベーションを推進し、使用済プラスチックの回収を強化して廃棄物を削減するための覚書(MOU)に署名した。DOEとACCは革新的なプラスチックリサイクル技術の開発で協力し、米国内のプラスチックサプライチェーンを強化する。これは、昨年末にDOEの前長官が発表したDOEのPlastics Innovation Challengeを前進させるものである。
https://www.energy.gov/articles/us-energy-department-and-american-chemistry-council-sign-memorandum-understanding
(DOE記事) 元記事公開日:2020/2/3

~英国と欧州の大学がEU離脱後も研究協力を維持していくことを確認~British, European universities pledge post-Brexit collaboration
英国が欧州連合(EU)を離脱する1月31日(金)に、英国と欧州の高等教育および研究機関は、研究協力を継続していくことを再確認し、今後の英国とEUの関係に関する交渉において、高等教育と研究協力を優先事項とするよう各国政府に求めた。この声明は英国大学協会(UUK)が主導するイニシアチブが発表したもので、欧州大学協会(EUA)、24の国立大学の代表機関、英国産業連盟(CBI)、およびその他の多くの欧州機関を含む合計36の主要な国内および国際機関が参加している。
https://www.universityworldnews.com/post.php?story=20200201050532568
(University World News記事) 元記事公開日:2020/2/1

~EU:欧州委員会とEIFが「ブルーエコノミー」支援のために「BlueInvest」 基金を立ち上げ~European Commission and European Investment Fund launch €75 million BlueInvest Fund
欧州委員会(EC)は、欧州投資基金(EIF)と提携して、7,500万ユーロの「BlueInvest」基金を立ち上げる。基金はEIFが管理し、革新的な「ブルーエコノミー」を戦略的に支援するエクイティ・ファンドに投資される。「ブルーエコノミー」には、多くの有望な初期段階のベンチャーや企業が存在し、再生可能エネルギー、ブルーバイオテクノロジー等のソリューションを開発している。2050年までに炭素中立経済への転換を目指す上で、重要な役割を果たすことが期待されている。
https://ec.europa.eu/commission/presscorner/detail/en/IP_20_167
(欧州議会記事) 元記事公開日:2020/2/4

アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ