1. HOME
  2. 活動内容

トピックス

トピックス

2016年10月31日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(10月24日~10月28日)

CRDS-研究開発戦略センター

「政策の科学」関連 海外情報  期間:1024日~1028
CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイト(例えばSOSPの掲示板であるSciSIP Listserv[1])やツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)* から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。(文責:林)
 
主なトピック:【俯瞰:研究基盤】、【情報提供】
【俯瞰:研究基盤】

~オープンデータの現状:オープンデータに関するトレンド~
The State of Open Data - A figshare report on global trends around open data (1026)
アクセス可能なオープンデータが世界的にどのような進捗にあるかをまとめたレポートがFigshare.comより公開された。このレポートの第10章では、NISTEPによる論文’ Can Japan Catch Up? Fostering Culture, People, and Community for Research Data.’が掲載されている。
https://figshare.com/blog/The_State_of_Open_Data/252 (概要)
https://figshare.com/articles/The_State_of_Open_Data_Report/4036398 (レポート)

(関連)
~オープンデータの現状:研究者のオープンデータに関する不安~
Half of academics confused about open data (1026)
上記のFigshare.comのレポートに関するTimes Higher Educationの記事。ライセンスの扱いなど、不確実性の原因となる部分の整備の必要性を指摘している。
https://www.timeshighereducation.com/news/half-academics-confused-about-open-data  
(Times Higher Education記事)
 

 
【情報提供】

~米国:エビデンスに基づく政策立案のための評議会 公聴会~
Commission on Evidence-Based Policymaking (1024)
4月にエビデンスに基づく政策立案のための評議会法がオバマ大統領にサインされ,法案として成立した。これにより定期的に評議会が開催されているが、10月21日に開催された評議会の模様が動画で公開された。
https://www.youtube.com/watch?v=Uxu4Fj4qT5E&feature=youtu.be (動画)
 
(関連)
~エビデンスに基づく政策立案に対する取組が直面する費用、個人情報、政治的処理の諸問題~
Evidence-Based Policy Proponents Face Cost, Privacy, Political Hurdles
 (1029)
上記エビデンスに基づく政策立案のための評議会の取組に対する懸念材料をまとめた記事。ライセンスの扱いなど、不確実性の原因となる部分の整備の必要性を指摘している。
http://www.govexec.com/excellence/management-matters/2016/10/evidence-based-policy-proponents-face-cost-privacy-political-hurdles/132641/?oref=govexec_today_nl  (記事)
 
~IMF:ミクロ経済統計の成果集:25年間に渡るIMF能力開発統計~
GETTING RESULTS IN MACROECONOMIC STATISTICS: Featured Cases from 25 Years of IMF Capacity Development in Statistics (1025)
エビデンスに基づく政策形成のためIMFが行ってきたミクロ経済統計と能力開発実例集。
http://www.imf.org/external/np/ins/english/pdf/25_Years_of_STA.pdf?hootPostID=e6da3dae67669d95eddf09c5d9cb242d (IMFレポート)
   
********************************************************************
(参考)
現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:
²  SOSP掲示板 http://www.scienceofsciencepolicy.net/listserv   
²  Twitter ハッシュタグ#scisip、#scipolicy、 #scipol、#InnovationDeficit
アカウント@MIOIR、@sppgatech、@CSPO_ASU、@SPRU、@CISTP_GW等。
²  Institute for Research on Innovation & Science  http://iris.isr.umich.edu/index.php/news/  
²  Research Infrastructure for Research and Innovation Policy Studies http://risis.eu/events/  
²  Center for Science of Science and Innovation Policy http://cssip.org/  
²  Fraunhofer Institute for Systems and Innovation Research ISI http://www.isi.fraunhofer.de/isi-en/index.php  
²  Institute For Research and Innovation in Society http://ifris.org/en/actualites/  
²  NESTA http://www.nesta.org.uk/   
²  Joint Research Centre (European Commission)  https://ec.europa.eu/jrc/
 
海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。


[1] SOSPのHPにある掲示板。誰でも閲覧可能だが、書き込むためには登録が必要。

アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ