1. HOME
  2. 成果・資料

成果・資料

STI Horizon(Vol.4, No.1)「デファクトスタンダードとして浸透しつつある体系的課題番号: 公的資金から生み出された成果の計測に向けて」

タイトルデファクトスタンダードとして浸透しつつある体系的課題番号: 公的資金から生み出された成果の計測に向けて
英語タイトル
著者名科学技術・学術基盤調査研究室 伊神 正貫, 村上 昭義
キーワード謝辞情報,体系的課題番号,ファンディング,データ連携,オープンサイエンス,データ・情報基盤
発行日2018/2/26
出版者科学技術・学術政策研究所
シリーズ番号Vol.4, No.1
URLhttp://doi.org/10.15108/stih.00114
シリーズ名STI Horizon
概要科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、ファンディング情報とそこから生み出された成果の紐付けを、施策や事業レベルで可能とする方策として、我が国の公的資金に統一した形式の課題番号(体系的課題番号)を導入することを提案し、その実現に向けての取組を行ってきた。本稿では、体系的課題番号の着想に至った経緯やその実現に向けた取組を紹介した後、体系的課題番号がデファクトスタンダードとして浸透しつつあることを示す。また体系的課題番号等のIDを通じたデータ連携は、研究プロセスを可視化する「研究プラットフォーム」の構築に際しても有効な手段となり得ることを指摘する。

アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ