1. HOME
  2. 活動内容

お知らせ

お知らせ

2019年04月25日

JST-RISTEX「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」平成30年度新規提案募集開始

RISTEX-社会技術研究開発センター

社会の問題解決に向けて効果的な研究開発を推進していくために、科学技術イノベーションに関わる政策を戦略的に展開していくことが急務となっています。そのためには、経済・社会状況を多面的な視点から分析・把握し、客観的根拠(エビデンス)に基づく合理的なプロセスにより政策を形成するとともに、政策形成過程の透明性を高め、社会への説明責任を果たしていくことが重要です。
 JST-RISTEXでは今年も「政策のための科学」領域で研究提案を募集します。ぜひ応募をご検討ください。

募集期間



2019年4月24日(水)~ 2019年5月23日(木)正午 ※締切厳守

募集要項・提案書様式、応募方法



詳細はこちらをご覧ください。

募集要項や指定の提案書様式をダウンロードし、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)よりご応募ください。



選考スケジュール







































(一次選考)提案書受付期限

2019 年 5 月 23 日(木)12:00 

(一次選考)書類選考の結果通知

2019 年 6 月中旬

(二次選考)提案書受付期限

2019 年 7 月上中旬

(二次選考)書類選考の結果通知

2019 年 8 月上中旬

面接選考会

2019 年 8 月 21 日(水)(予定)

面談(採択条件の説明)

2019 年 8 月 26 日の週(予定)

選考結果の通知・発表

2019 年 9 月~10 月(予定)

研究開発の開始

2019 年 10 月 1 日(火)(予定)



※府省共通研究開発管理システム(e-Rad)での受付期限日時です。



お問い合わせ

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

社会技術研究開発センター(RISTEX)企画運営室「政策のための科学」募集担当



E-mail:boshu〔at〕jst.go.jp 〔at〕をアットマークに変えてください.

Tel. 03-5214-0132(10:00~12:00・13:00~17:00/土日祝除く)



備考



※選考スケジュール、その他は変更する可能性があります。このページで最新情報をご確認ください。

※RISTEXの他の研究開発領域・プログラムの募集情報につきましては、こちらをご確認ください。



プログラムの目標



「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』推進事業」(SciREX 事業)の方針 に基づき*、JST RISTEX では、公募型研究開発プログラム「科学技術イノベーション政策のため の科学 研究開発プログラム」を推進します。客観的根拠に基づく科学技術イノベーション政策の形 成に寄与するため、政策ニーズも踏まえつつ、政策の形成・執行・評価に係る実践に将来的につなが りうる成果の創出を目指した研究開発を公募により推進します。本研究開発プログラムの実施を通 じて、政策形成・執行・評価の実践に将来的につながりうる、新たな発想に基づく研究開発成果の創 出を目指します。 プログラムの実施に当たっては、公募を通じて「科学技術イノベーション政策のための科学」に 関わる新たな研究人材の発掘と、人材ネットワークの拡大に資することを目標とします。また、研 究開発の推進に当たっては、SciREX センターを中心とした SciREX コミュニティ全体と密に連携し て進めていきます。



* 詳細は、2019 年度 公募要領、第 10 章「科学技術イノベーション政策における『政策のための科学』推進事業(SciREX 事業)基本方針(平 成 31 年 3 月 29 日改訂)」(94~104 ページ)をご参照ください。



対象とする研究開発



以下の枠組みにおける研究開発提案を募集します。 (「2019 年度 公募要領 第 2 章 募集・選考に当たってのプログラム総括の考え方」(10~20 ページ)、 「4.8 選考に当たっての主な評価項目」(34~35 ページ)もご確認ください。)



① 国や地方公共団体の政策形成プロセスおよび大学・シンクタンク・企業・NPO・市民など幅 広い主体における政策形成に関わる取り組みなど、いずれでも構いませんが、客観的根拠に基 づく科学技術イノベーション政策形成の実践に将来的につながりうる研究開発を対象としま す。政策形成に資するエビデンスの創出やその利活用のあり方を考えるうえで有意義であり、 特に、実際の政策ニーズを踏まえつつ、政策のための科学としての新たな発想に基づく指標や 手法の開発、制度設計に資する方法論の提案など、オリジナリティのある提案を求めます。



② 政策に具体的貢献ができるような成果の創出や行政官と研究者が共進化することを念頭に おいた提案を推奨します。一方、特定の事例や課題の解決に取り組むもので、政策ニーズが考 慮されていない提案や、科学技術イノベーション政策形成に資する成果としての汎用化を想定 していない提案は、本公募では推奨されません。







研究開発機関・規模



◇ 研究開発実施期間 最大 3 年 6 か月間(2019 年 10 月~2023 年 3 月) 研究開発の提案内容・計画および採択方針に応じて調整します。



◇ 研究開発費(直接経費) 1 プロジェクト 500 万円以下/年 (初年度は 250 万円以下/6 か月) 研究開発費については、プロジェクトの進捗などに応じて適宜、適正化を図ります。



◇ 採択予定件数 4 件程度 応募提案の内容・状況により、採択件数を調整します。



アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ