1. HOME
  2. 活動内容

イベント

イベント

2019年06月24日-

市民参加型ワークショップ「新しい医療と、くらし 〜再生医療のあるべき未来像〜」@梅田

STiPS-公共圏における科学技術・教育研究拠点(大阪大学/京都大学)

2019年7月13日(土)に、UMEDAI 大阪・梅田会議室において、市民参加型ワークショップ「新しい医療と、くらし 〜再生医療のあるべき未来像〜」を開催します。

申し込み方法などの詳細は、STiPSのWEBページ(http://stips.jp/20190713/)をご覧ください。

趣旨
iPS細胞を利用した「再生医療」が、いよいよ現実味を帯びてきました。
ニュースや新聞で取り上げられるにつれ、さまざまな期待が高まってきますが、一方で、倫理観、宗教観、人としての尊厳などの観点から、慎重論も出ています。
私たちの社会は、こういった次世代医療のあり方を考える時、どのような論点を考慮するべきなのでしょうか?
異なる意見や価値観がある場合、どのようにその意見をすり合わせていけるのでしょうか?
 
ちょっと先の未来を一緒に考えてみませんか?
 
・今回お招きしている専門家
再生医療分野の研究動向に詳しい、八代 嘉美(神奈川県立保健福祉大学イノベーション政策研究センター 教授)
再生医療分野の社会的課題に詳しい、標葉 隆馬(成城大学文芸学部 准教授)
・進行
八木 絵香(大阪大学COデザインセンター 准教授)
日時

2019年7月13日(土)13:30〜16:30

場所

UMEDAI 大阪・梅田会議室 UMEDAI-05(大阪市北区 茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル7F)

主催

公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)



後援

日本再生医療学会、大阪大学21世紀懐徳堂
※このワークショップは、日本学術振興会 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(領域開拓プログラム)「RRIの新展開のための理論的・実践的研究-教育・評価・政治性に注目して(研究代表者:標葉隆馬)」の支援のもと開催します。

共催

大阪大学COデザインセンター

アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ