1. HOME
  2. 活動内容

イベント

イベント

2018年10月31日-

サイエンスアゴラ2018 SciREXセンター主催ワークショップ ​​ 一人ひとりが考える、科学と社会の"望ましさ"

SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター

概要
科学技術は長いプロセスを経て社会へ浸透し、私たちの生活に溶け込んでいきます。 このプロセスの最終局面においては、科学技術と身体・環境の一体化のためのインターフェイスー融けるデザインーの設計が鍵となります。そしてその背景には、科学技術との無意識な接点ー自己帰属感ーが重要な役割を果たしています。このワークショップでは、情報技術の文脈で、情報の身体化、道具化、環境化のためのデザインの重要性について説く渡邊恵太氏にご講演いただきます。その後、大きく変容する社会において今後、私たちはどのように科学技術と向き合うことになるのか、皆様と一緒に議論したいと思います。

日時 2018年11月10日(土)10:30 - 12:00

スケジュール
10:30-10:35 挨拶
10:35-10:50 アイスブレーク
10:50-11:30 講演
11:30-11:40 プロジェクト紹介「ビジョンに基づく科学と社会の参加型指標開発プロジェクトとは?」
11:40-12:00 講演を踏まえたディスカッション

主催 ​政策研究大学院大学SciREXセンター
ビジョンに基づく科学と社会の参加型指標開発プロジェクト https://sas.netlify.com/
​​
​​ チラシ サイエンスアゴラ_SciREXセンターWS_20181110.pdf
​​
​​ サイエンスアゴラ https://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/142/
​​
​​
講演者情報
​​渡邊恵太氏 (http://www.persistent.org/)
 
​​明治大学総合数理学部 先端メデイアサイエンス学科 准教授。博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。シードルインタラクションデザイン株式会社代表取締役社長。知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法を研究開発。近著に『融けるデザイン ハードxソフトxネットの時代の新たな設計論』(BNN新社、2015)。
 
日時 2018年11月10日(土)10:30 ~ 12:00
場所テレコムセンタービル 東京都江東区青海2-10-5 8階 会議室D

アクセス:ゆりかもめ「テレコムセンター」駅・りんかい線「東京テレポート」駅より、無料循環バス3分
参加申し込みhttps://peatix.com/event/454368

アーカイブ

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ