1. HOME
  2. 活動内容

イベント

イベント

2018年05月30日-

【6/20開催】SciREXセミナー◆シリーズ「具体的事例から考える科学的知見を活用した政策形成のあり方」(第3回)『行政へ市民をどう巻き込むか~ICTプラットフォームちばレポの事例から~』

SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター

以下の通り、SciREXセミナー◆シリーズ「具体的事例から考える科学的知見を活用した政策形成のあり方」(第3回)『行政へ市民をどう巻き込むか~ICTプラットフォームちばレポの事例から~』を開催します。

皆様ふるってご参加ください。

趣旨行政予算の大幅な増額が見込めず、行政だけできめ細かいサービスを提供するのが難しい段階に入ってきている昨今、データを貴重な社会資源と捉え、行政活動にICTを活用する流れが具体化しています。従来以上に市民を巻き込んだ透明性の高い開かれた政治参画や効率的な行政の在り方を目指す、いわゆる「オープンガバメント」です。
2014年、千葉市はウェブを通じて道路の不具合や公園の施設故障といった地域の課題を市民からレポートしてもらい解決に導く仕組み「ちばレポ」を導入しました。これまでは地域の不具合を市役所へ連絡する市民と行政との中で閉じていた情報のやり取りを可視化・共有する試みです。この4年間の取り組みで、行政へ積極的に参画してこなかった働き世代・子育て世代が「ちばレポ」へ多く投稿するなど、行政と市民の間に新しい回路が開けてきました。導入から時を経るごとに、市民参加による課題解決の事例も徐々に増えています。ちばレポに登録する市民レポーターも5000人を超えレポート件数も増えている一方で、参加する市民の地域差やレポート内容への効率的な対応など、新たな課題も出てきています。
 今回のセミナーでは、ちばレポ導入の経緯や導入過程で持ち上がった課題、アカデミアを巻き込んだ今後の取り組みをご紹介いただきます。


話 題 提 供 者:
吉原 睦 (千葉市 市民局 市民自治推進部広報広聴課 上席)

ファシリテーター:
 森川 想(東京大学大学院工学系研究科 助教)

◆ 吉原 睦(よしはら・むつみ)講師略歴
昭和55年4月 千葉市入庁
平成21年4月 総務局情報政策部情報システム課長
平成22年4月 総務局情報政策部情報企画課長
平成27年4月 花見川区役所副区長
平成29年3月 定年退職
平成29年4月 再任用により現職
お問い合わせscirex-center@grips.ac.jp
日時 2018年6月20日(水) 18:30~20:00
場所霞が関ナレッジスクエア エキスパート倶楽部 アクセス
(*外堀通り沿い。お隣は天野歯科医院です。) 
言語日本語
主催政策研究大学院大学 科学技術イノベーション政策研究センター/文部科学省
参加申し込みこちらのフォーム からお申込みください。

アーカイブ