1. HOME
  2. 研究
  3. 「将来社会」を見据えた研究開発戦略の策定における官・学の共創

「将来社会」を見据えた研究開発戦略の策定における官・学の共創

実施体制

研究実施者

氏名所属・役職
平川 秀幸 大阪大学COデザインセンター 教授
木見田 康治 東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻 特任講師

行政担当部署

部署
文部科学省科学技術・学術政策局企画評価課新興・融合領域研究開発調査戦略室

プロジェクト概要

ミッション指向型の研究開発戦略の策定において、ミッションの社会的妥当性の確保と研究成果の最大化を行うための理論的・方法論的基盤を共創的に研究・開発し、行政の戦略策定実務に実装することを目指す。

政策課題

我が国の科学技術政策において、その社会的妥当性(いわゆる正統性(Legitimacy))を担保するための取り組みは限定的である。さらに、異なるミッションの中のどれに取り組むか、研究分野としてどこに注力するかを政策判断するための手法は十分に確立されていない。

具体的な研究計画

文部科学省における研究開発戦略の策定実務と並走し、行政担当者による実務的観点からのインプットも考慮しつつ、前述の政策課題について学術的かつ実践的に検討を行い、行政担当者の実務へと還元する形で、図の通り実施。


p7.png

*MOIPs = Mission-oriented Innovation Policies
**MSE = multi-stakeholder engagement

研究成果・資料