1. HOME
  2. 活動内容
  3. 研究
  4. 政策のモニタリングと改善のための指標開発

政策のモニタリングと改善のための指標開発

中長期的な政策マネジメントシステムの改善に資する科学技術イノベーション政策の評価指標・手法を開発する。関連政策とその目標について体系的にとらえ直し、エビデンスに基づいた指標のありかた、それらの基盤となるデータ収集・連結・分析体制の整備について検討する。

代表拠点:政策研究大学院大学
連携機関:文部科学省、NISTEP、JST-CRDS

プロジェクトメンバー

氏名役割
有本 建男
政策研究大学院大学教授
プロジェクトマネージャー/全体統括
林 隆之
政策研究大学院大学教授
研究担当者
岡村 麻子
政策研究大学院大学 SciREXセンター専門職
研究担当者
井上 敦
政策研究大学院大学 SciREXセンター専門職
研究担当者

背景・問題意識

行政機関による、エビデンスに基づいた政策評価へのニーズと制度化の急速な動きがあり、これらのサポートに加えて、より中長期的な取組が必要となっている。

それについて、
・アカデミックからの理論面のサポート
・基盤となるデータ収集・連結・分析体制整備
が必要とされているが、特に、社会的側面の把握等、Broader Impactの指標開発と基盤整備が充分ではない。

Research/Science Question

〇より中長期的な政策システムの改善のために必要とされる、科学技術イノベーション政策における政策・目標・指標体系のありかたはどのようなものか

〇エビデンスに基づいた指標作成のための基盤となるデータ収集・連結・分析体制整備をどのように構築するか

〇科学技術イノベーション政策におけるBroader Impactをどのように測るか(サブプロジェクトとして実施)

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ