1. HOME
  2. 活動内容
  3. 研究
  4. 経済社会的効果測定指標の開発

経済社会的効果測定指標の開発

科学技術イノベーション政策が解決すべき課題に対する有効かつ実行可能な政策オプションの作成及びその社会・経済的インパクトの定量的評価

代表拠点:政策研究大学院大学
参画拠点:なし
連携機関:科学技術振興機構 (JST)、科学技術振興機構研究開発戦略センター(CRDS)、科学技術・学術政策研究所(NISTEP)、三菱電機株式会社情報技術総合研究所<、構造計画研究所

プロジェクトメンバー

氏名役割
黒田昌裕
慶応義塾大学名誉教授
プロジェクトマネージャー/全体統括

池内健太
経済産業研究所研究員

プロジェクトマネージャー補佐/ 生産性分析担当
黄俊揚
政策研究大学院大学ポストドクトラルフェロー
経済モデル開発担当
佐々木達郎
SciREXセンター専門職

背景・問題意識

データによるエビデンスの背景にある社会経済の構造の理解が重要。
⇒ エビデンスに基づく、政策効果のシミュレーションが可能なモデルの開発が必要。

政策担当者が直接データを活用できる環境は未整備。
⇒ 政策立案に有用なデータを一元的に管理し、政策担当者がデータを利用しやすい環境の構築も必要。

Research/Science Question

政策の社会的・経済的影響を定量的に評価するためにはどのような手法・モデルが必要か。

影響評価やモデル作成のためにはどのような情報・データがどの程度必要か。

政策ニーズの的確な把握と研究成果を政策実施に反映するためには研究者と政策担当者等の間のどのような対話の場が必要か。

grips-pr1-2.png

検索

検索範囲:ウェブページを含む 投稿記事を含む
詳細検索ページ