1. HOME
  2. 研究
  3. 地震分野の研究成果の実効的な活用・社会実装方策に関する分析

地震分野の研究成果の実効的な活用・社会実装方策に関する分析

プロジェクトメンバー

氏名役職
森川 想 政策研究大学院大学SciREXセンター 特任フェロー
東京大学大学院工学系研究科 講師
菊地 乃依瑠 政策研究大学院大学 専門職
三好 崇之 防災科学技術研究所主幹 研究員
森田 朗 津田塾大学総合政策学部 教授
東京大学法学部 名誉教授
政策研究大学院大学 客員教授

行政担当部署

部署
文部科学省 研究開発局 地震・防災研究課

取り組む課題

地震分野の各種調査研究の成果(地震発生確率の長期評価、全国地震動予測地図等)は広く公開されているが、地方自治体や、市民個人に十分に認知されておらず、かつ仮に認知していたとしても、その社会的な影響等から、成果を効果的に活用していくことが難しいという課題がある。

地方自治体、民間企業、個人等の関係者のニーズを把握するとともに、国内外で行われている同種の研究成果の活用の実践例の分析等を通じて、地震分野の調査研究成果の効果的な情報発信の活用手法の整理が必要となっている。

プロジェクト概要

我が国の地震予測は地震発生確率の長期評価、全国地震動予測地図といった形で公開されているものの、地方公共団体や民間企業、国民に十分認知されていない、また、認知されていても社会的な影響を鑑みると活用が難しいという問題がある。

本研究では、地震・防災研究の成果の活用に対して、行政が現状行うことができていること、できていないことは何か、地震・防災研究に対するニーズにはどのようなものがあるのか、関係者に対するヒアリング・アンケート調査をもとに明らかにする。また、関係者を集めたワークショップ、国内外の事例研究などを実施し、地震・防災研究と行政をマッチングするための形態や方策を提案する。

研究成果・資料