1. HOME
  2. 活動内容
  3. 【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(12月11日~12月15日)

活動内容

トピックス

2017年12月17日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(12月11日~12月15日)

研究開発戦略センター(CRDS)

「政策の科学」関連 海外情報  期間:12月11日~12月15日
CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイトやツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)* から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。(文責:林)
 
主なトピック: 【情報提供】
【情報提供】
 
Scientific American誌:科学はアメリカを偉大にしたが、現政権の政策はそれを変えようとしている~Science Has Made America Great But the policies of the current administration could start to change that (1214)
クリントン政権時のOSTP長官であったNeal Lane氏とスタンフォード大学のMichael Riordan教授による記事。
https://blogs.scientificamerican.com/observations/science-has-made-america-great 
(Scientific American誌記事)

 
~論文:市民社会が充分に専門知識を持っていると政府が考えるとき、エビデンスに基づく政策形成の公的価値を如何に示すか?~How can we demonstrate the public value of evidence-based policy making when government ministers declare that the people ‘have had enough of experts’? (1212)
Nature誌のオープンアクセス学術誌であるPalgrave Communicationsに掲載された、英国カーディフ大学のLeighton Andrews教授による論文。’Post-truth’政治の時代では、エビデンスは限られた役割しか果たすことができない。このような背景下で、エビデンスの社会的価値を示す方法について考察した論文。
https://www.nature.com/articles/s41599-017-0013-4.pdf (Palgrave Communications掲載論文)
 
Science & Public Policy誌:「純粋科学の政治再考」~“The Politics of Pure Science” Revisited
(12
15)
ダニエル・グリーンバーグによる「純粋科学の政治(The Politics of Pure Science)」が出版されてから50年が経つが、本稿では基礎科学に関する現代の政治について再検証している。
https://academic.oup.com/spp/article/44/6/883/4587618 (記事)
 
~特集~Nature Index Science Inc. 2017 (1213)
科学技術における企業の研究活動についてのNature誌の特集。企業の研究活動が果たす科学における役割が変化していることを探っている。
https://www.nature.com/collections/zgfphvgjlp (Nature Index Science Inc. 2017)
 
~指標:2017EU工業研究開発投資スコアボードThe 2017 EU Industrial R&D Investment Scoreboard (1212)
欧州委員会Joint Research Centre発行の工業研究開発投資スコアボード.
http://iri.jrc.ec.europa.eu/scoreboard17.html (概要)
http://iri.jrc.ec.europa.eu/documents/10180/79c21c6d-2cf3-4eed-9fab-20a15e7b8d50 (スコアボード)
 
********************************************************************************
(参考)
現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:
アカウント@MIOIR、@sppgatech、@CSPO_ASU、@SPRU、@uclsteapp等。
 
海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。

アーカイブ