1. HOME
  2. 活動内容
  3. 【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(11月13日~11月17日)

活動内容

トピックス

2017年11月20日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(11月13日~11月17日)

研究開発戦略センター(CRDS)

「政策の科学」関連 海外情報  期間:11月13日~11月17日
CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイトやツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)* から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。(文責:林)
 
主なトピック:【情報提供】
【情報提供】

Nature誌:指標を作り、科学を変えたカタログ~The catalogue that made metrics, and changed science (1113)
科学を評価する指標の起源と変遷をまとめたNature誌の記事。
http://www.nature.com/news/the-catalogue-that-made-metrics-and-changed-science-1.22961 
(Nature誌記事)
 
~英国:Brexit以降の研究とイノベーションの未来~Research and Innovation Futures after Brexit Scenarios (1114)
英国王立協会とNPO法人(School of International Futures)がBrexit以降の科学および研究の将来像についてフォーサイトを使ってシナリオとして示した。
https://royalsociety.org/~/media/policy/Publications/2017/research-and-innovation-futures-scenarios.PDF (Nature誌記事)


~米国:エビデンスに基づく政策形成の真の機運~A Real Opportunity for Evidence-Based Policymaking  (1115)
先週のこの欄で紹介したとおり、Paul Ryan下院議長とPatty Murray上院議員により省庁が効果的に政策プログラムを遂行するための(プライバシーや倫理問題をクリアした)効果的なデータシステム創設のための法案、Foundations for Evidence-Based Policymaking Act (HR4174, S.2046)が議会に提出されたが、この法案が社会にもたらす可能性についてこの記事ではまとめられている。
http://www.governing.com/commentary/col-congressional-legislation-government-evidence-based-policymaking.html (Governing the States and Localities誌記事)
(追記)
本法案は11月15日に下院で承認された。
http://www.bpcaction.org/bpc-action-commends-the-house-of-representatives-for-approving-evidence-based-policymaking-bill/ (記事)
 
LSEブログ:英国グルーバルリサーチファンド予算15億ポンドによる理想は素晴らしいが、厳格な戦略が必要~ The Global Challenges Research Fund: £1.5bn commitment is impressive in its ambition but would benefit from a tighter strategic focus (1116)
London School of Economics and Political Scienceのブログに掲載された記事。5年間15億ポンドの予算で途上国の諸問題を英国の研究で解決しようというGlobal Challenges Research Fund だが、その高い理想はしっかりとした戦略によって達成できると警鐘を鳴らしている。
http://blogs.lse.ac.uk/impactofsocialsciences/2017/11/13/the-global-challenges-research-fund-1-5bn-commitment-is-impressive-in-its-ambition-but-would-benefit-from-a-tighter-strategic-focus/ 
(LSEブログ記事)
 
Nature誌:英国政府が次期チーフサイエンスアドバイザーを任命~UK government appoints next chief scientific adviser (1116)
次期英国サイエンスアドバイザーに巨大製薬会社GlaxoSmithKlineの研究開発責任者であったPatrick Vallance氏が任命された。同氏の紹介と期待される役割についてのNature誌の記事。
https://www.nature.com/news/uk-government-appoints-next-chief-scientific-adviser-1.22956 
(Nature誌記事)
 
********************************************************************************
(参考)
現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:
²  SOSP掲示板 http://www.scienceofsciencepolicy.net/listserv (現在アクセス不可) 
²  Twitter ハッシュタグ#scisip、#scipolicy、 #scipol、#InnovationDeficit
アカウント@MIOIR、@sppgatech、@CSPO_ASU、@SPRU、@uclsteapp等。
²  Institute for Research on Innovation & Science  http://iris.isr.umich.edu/index.php/news/  
²  Research Infrastructure for Research and Innovation Policy Studies http://risis.eu/events/  
²  Center for Science of Science and Innovation Policy http://cssip.org/  
²  Fraunhofer Institute for Systems and Innovation Research ISI http://www.isi.fraunhofer.de/isi-en/index.php  
²  Institute For Research and Innovation in Society http://ifris.org/en/actualites/  
²  NESTA http://www.nesta.org.uk/   
²  Joint Research Centre (European Commission)  https://ec.europa.eu/jrc/
 
海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。

アーカイブ