1. HOME
  2. 活動内容
  3. 【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(10月23日~10月27日)

活動内容

トピックス

2017年10月28日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(10月23日~10月27日)

研究開発戦略センター(CRDS)

「政策の科学」関連 海外情報  期間:10月23日~10月27日
CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイトやツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)* から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。(文責:林)
 
主なトピック: 【情報提供】
【情報提供】
 
LSEブログ:Brexitの影響が不透明な中、英国からの頭脳流出はまだ始まっていない~ Despite uncertainty over EU academics’ future, the brain drain hasn’t begun yet (1024)
London School of Economics and Political Scienceのブログに掲載された記事。Brexitにより英国で活動する欧州の科学者の流出が予期されているが、実際は未だに「頭脳流出」は起こっていない。その理由を考察した記事。http://blogs.lse.ac.uk/impactofsocialsciences/2017/10/19/despite-uncertainty-over-eu-academics-future-the-brain-drain-hasnt-begun-yet/ (LSEブログ記事)
(参考)
Brexit and European science (Brexitと欧州の科学)
http://science.sciencemag.org/content/358/6361/279 (Science誌記事)
 
~英国:どのように英国議会に科学を伝えるか?~ How does science inform UK Parliament?  (1025)
英国生態学会(British Ecological Society)ホームページに掲載された記事。生態学者が効果的に政策に成果を伝えるためのポリシーガイドが定期的に掲載されている。
http://www.britishecologicalsociety.org/policy/reports-publications/policy-guides/ 
(英国生態学会ポリシーガイド)
www.britishecologicalsociety.org/wp-content/plugins/bm-bes/upload-downloader.php?upload_id=26795  (本文)

 
Nature誌:データサイエンスは援助資源の配分を向上させる~ Data science can improve aid distribution (1026)
Dharma Platformというソフトウェアが開発され、災害や紛争地域におけるデータの収集と共有化が進められている。このようなリアルタイムのデータ収集により、データサイエンスが支援の効率化を進めることが出来るとするNature誌の記事。
http://www.nature.com/news/data-science-can-improve-aid-distribution-1.22881 (Nature誌記事)
(参考)
Out of the Syrian crisis, a data revolution takes shape (Dharma Platformについて)
https://www.nature.com/news/out-of-the-syrian-crisis-a-data-revolution-takes-shape-1.22886 
 
~論文:エビデンスに基づく知的所有権に関する政策立案手法と結果についてのレビュー~ Evidence-Based Intellectual Property Policymaking: An Integrated Review of Methods and Conclusions (1023)
エビデンスに基づく政策立案を知的所有権の分野でも実施するため、政策立案者にも知的所有権の経済的貢献について理解を深めてもらう必要がある。この論文では、知的所有権の経済的効果を分析した手法と結果についてレビューを行った。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jwip.12069/full (Journal of World Intellectual Property)
 
********************************************************************************
(参考)
現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:
アカウント@MIOIR、@sppgatech、@CSPO_ASU、@SPRU、@uclsteapp等。
 
海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。

アーカイブ