1. HOME
  2. 活動内容
  3. 【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(9月19日~9月22日)

活動内容

トピックス

2017年09月24日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(9月19日~9月22日)

研究開発戦略センター(CRDS)

「政策の科学」関連 海外情報  期間:9月19日~9月22日
CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイトやツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)* から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。       (文責:林)
 
主なトピック: 【情報提供】
【情報提供】
 
~米国:エビデンスに基づく政策立案のための評議会によるレポートは超党派の議会における微かな希望~ Policymaking commission offers a glimmer of hope in hyper-partisan Washington  (919)
ブッシュ政権時の行政管理予算局(OMB)局長Jim Nussleとオバマ政権時のOMB局長Peter Orszagによる、エビデンスに基づく政策立案のための評議会の最終レポートを評価する記事。エビデンスを政策に活かすための大胆な構想を提案しているとしている。
http://thehill.com/opinion/finance/351025-policymaking-commission-offers-a-glimmer-of-hope-in-hyper-partisan-washington  (記事)
 
~米国:気候変動からの回復について、フェニックス市でアリゾナ州立大学が市民フォーラムを開催~ ASU teams up to host forum to teach Phoenix residents about climate change resilience  (920)
気候変動による気温上昇被害が増加しているアリゾナ州フェニックス市で、アリゾナ州立大学の科学者たちと市民によるフォーラムが開催された。ここでは様々な科学的知見が共有されるとともに、各コミュニティの現状と今後の対処について話し合われた。
http://www.statepress.com/article/2017/09/spscience-asu-hosts-forums-to-teach-phoenicians-climate-change-resilience  (記事)
 
********************************************************************************
(参考)
現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:
アカウント@MIOIR、@sppgatech、@CSPO_ASU、@SPRU、@uclsteapp等。
 
海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。
 

アーカイブ