1. HOME
  2. 活動内容
  3. 【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(4月3日~4月7日)

活動内容

トピックス

2017年04月10日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(4月3日~4月7日)

研究開発戦略センター(CRDS)

「政策の科学」関連 海外情報  期間:4月3日~4月7日
CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイト(例えばSOSPの掲示板であるSciSIP Listserv[1])やツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)* から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。(文責:林)
 
主なトピック:【情報提供】、【俯瞰:研究基盤】
【情報提供】

~米国:政府の研究開発投資が民間部門にもたらす重要な効果~
Publicly-funded Research Lays Critical Foundation for Private Sector(43)
サイエンス誌に発表されたバイオメディカル分野での研究によって、公的な研究開発投資(NIHによる資金)が、特許や論文の生産性の向上に直接繋がることが示された。このことにより今後トランプ政権による20%近い予算減がもたらす影響について、AAASの分析記事は懸念を表明している。
https://www.forceforscience.org/betheforce/2017/3/31/publicly-funded-research-lays-critical-foundation-for-private-sector?utm_content=bufferab54f&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer 
(AAAS記事) 
http://science.sciencemag.org/content/early/2017/03/29/science.aal0010 (サイエンス誌記事)
 
~米国:トランプ政権によるエビデンスの誤用~
The Trump administration’s misleading embrace of ‘evidence’ (44)
オバマ政権時の行政管理予算局(OMB)副長官のRobert Gordon氏と「エビデンスに基づく政策形成のための評議会」共同議長であるRon Haskins氏による記事。トランプ政権のOMB長官であるMick Mulvaney氏が予算案において「エビデンスが欠落している」としてプログラム予算を削減していることに関して、事例を基に反論を試みている。
http://www.politico.com/agenda/story/2017/03/the-trump-administrations-misleading-embrace-of-evidence-000385 (記事) 

 
~米国:トランプ政権の科学技術予算アポロ計画終了時以来の削減か?~
The Trump Administration's Science Budget: Toughest Since Apollo? (43)
トランプ政権の科学技術予算は、レーガン政権時のものよりさらに厳しくなる、とするAAASによる分析。
https://www.aaas.org/news/trump-administrations-science-budget-toughest-apollo?utm_source=twitter&utm_medium=news_tweet_button&utm_content=trump-administrations-science-budget-toughest-apollo&utm_campaign=aaasorg_news  (AAAS記事) 
http://www.aaas.org/news/first-trump-budget-proposes-massive-cuts-several-science-agencies 
(省庁への予算配分についての分析)
 
【俯瞰:研究基盤】
UMETRICS:科学技術予算削減による影響~
Who feels the pain of science research budget cuts? (45)
トランプ政権による科学技術予算削減の影響について、UMETRICSを使った研究を行っているオハイオ州立大学のWeinberg教授による記事。公的研究開発費の影響が及ぶ、大学の研究室における雇用と機器購入の観点から、経済への影響についてまとめている。
https://theconversation.com/who-feels-the-pain-of-science-research-budget-cuts-75119  (記事) 
 
UMETRICS:米国の科学技術人材の高齢化~
Why the US science and engineering workforce is aging rapidly (45)
UMETRICSを活用したオハイオ州立大学の研究。米国の科学技術人材は、その他のグループに比べて2008年の時点で2.3歳年齢が高く、高齢化は現在ではもっと進んでいるという実証論文。その理由についても検証している。
http://www.pnas.org/content/early/2017/03/21/1611748114.abstract  (論文概要) 
 
********************************************************************************
(参考)
現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:
²  SOSP掲示板 http://www.scienceofsciencepolicy.net/listserv   
²  Twitter ハッシュタグ#scisip、#scipolicy、 #scipol、#InnovationDeficit
アカウント@MIOIR、@sppgatech、@CSPO_ASU、@SPRU、@CISTP_GW等。
²  Institute for Research on Innovation & Science  http://iris.isr.umich.edu/index.php/news/  
²  Research Infrastructure for Research and Innovation Policy Studies http://risis.eu/events/  
²  Center for Science of Science and Innovation Policy http://cssip.org/  
²  Fraunhofer Institute for Systems and Innovation Research ISI http://www.isi.fraunhofer.de/isi-en/index.php  
²  Institute For Research and Innovation in Society http://ifris.org/en/actualites/  
²  NESTA http://www.nesta.org.uk/   
²  Joint Research Centre (European Commission)  https://ec.europa.eu/jrc/
 
海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。


[1] SOSPのHPにある掲示板。誰でも閲覧可能だが、書き込むためには登録が必要。

アーカイブ