1. HOME
  2. 活動内容
  3. 【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(1月16日~1月20日)

活動内容

トピックス

2017年01月22日

【海外動向】科学技術イノベーション政策の科学 海外情報(1月16日~1月20日)

研究開発戦略センター(CRDS)

「政策の科学」関連 海外情報  期間:116日~120

CRDS科学技術イノベ-ション政策ユニットにおいて、海外の「政策のための科学」関連のインターネットサイト(例えばSOSPの掲示板であるSciSIP Listserv[1])やツィッターでの関連タグ(「政策のための科学」関連のツィートの抽出ができる)から、日本の「科学技術イノベーション政策の科学」関係者にとって関係が深いと思われる記事や情報を選択し、以下のとおりまとめました。(文責:林)

 

主なトピック:【情報提供】、【告知】

【情報提供】

~米国:エビデンスに基づく政策立案のための評議会 第5回公聴会開催~

5th Meeting Commission on Evidence-Based Policymaking (CEP) Jan 13th.  (116)

米国エビデンスに基づく政策立案のための評議会の第5回会合が113日に開催された。今回はデータ基盤の拡張と研究への活用を議論すると共に、評価や保護についても議題された模様。またニュージーランドの事例が紹介された。

https://www.cep.gov/content/dam/cep/events/2017-01-13/2017-1-13-agenda%20update.pdf 
(アジェンダ)

https://www.cep.gov/events/2017-01-13.html (詳細)

 

~ニュージーランド:政策立案におけるデータを重視するニュージーランド首相に対する懸念~ I’m a data nerd and a data cheerleader, but still I fear Bill English’s datatopia. (117)

財務省出身の現ニュージーランド首相、ビル・イングリッシュ氏はエビデンスに基づく政策形成の信奉者であり、オープンデータの推進者である。本稿はデータサイエンティストの視点から、

エビデンスおよびデータの政策形成への適用についていくつかの懸念が示されている。

http://thespinoff.co.nz/society/13-01-2017/im-a-data-nerd-and-a-data-cheerleader-but-still-i-fear-bill-englishs-datatopia/ (記事)

http://www.treasury.govt.nz/statesector/socialinvestment (ニュージーランド政府によるSocial Investment Approachの説明)

 

【告知】

~国際会議:公共政策分析経営協会国際会議開催~ International conference on Public Policy in Brussels (116)

公共政策分析経営協会(Association of Public Policy and Management (APPAM))の国際会議が713日、14日ブリュッセルで開催される。科学技術政策がテーマとして取り上げられる予定であり、ニューヨーク大学のJulia Lane教授がプログラム委員として参加を呼びかけている。発表論文の申込み期限は131日。

http://www.appam.org/events/international-conferences/2017-international-conference/ (詳細)

 

 

~ワークショップ:組織、経済、科学研究政策のためのワークショップ開催~ Turin Workshop - The Organization, Economics and Policy of Scientific Research(118)

515日、16日にイタリアのチューリンにおいてワークショップが開催される。発表論文の申込み期限は131日。議題となるトピックは以下の通り:

Ø  Evaluation and peer review in science

Ø  Organisation of research activities

Ø  Public and private funding of academic research

Ø  Role of gender and family in scientific research

Ø  Science research networks and collaboration

Ø  Scientific careers & mobility

http://www.carloalberto.org/assets/events/CAll-for-papers-Turin-workshop-2017.pdf 
(詳細)

 

********************************************************************

(参考)

現在、定期的に情報収集しているサイトは以下の通り:

²  SOSP掲示板 http://www.scienceofsciencepolicy.net/listserv   

²  Twitter ハッシュタグ#scisip#scipolicy #scipol#InnovationDeficit

アカウント@MIOIR@sppgatech@CSPO_ASU@SPRU@CISTP_GW等。

²  Institute for Research on Innovation & Science  http://iris.isr.umich.edu/index.php/news/  

²  Research Infrastructure for Research and Innovation Policy Studies http://risis.eu/events/  

²  Center for Science of Science and Innovation Policy http://cssip.org/  

²  Fraunhofer Institute for Systems and Innovation Research ISI http://www.isi.fraunhofer.de/isi-en/index.php  

²  Institute For Research and Innovation in Society http://ifris.org/en/actualites/  

²  NESTA http://www.nesta.org.uk/   

²  Joint Research Centre European Commission  https://ec.europa.eu/jrc/

 

海外情報は、【俯瞰:研究基盤】、【俯瞰:分析手法】、【俯瞰:政策デザイン】、【情報提供】、【ディスカッション】、【告知】に分類した。


[1] SOSPHPにある掲示板。誰でも閲覧可能だが、書き込むためには登録が必要。

 

アーカイブ